用語集 » ら行

 ローソク足

ローソク足とは株価などの相場の値動きを時系列に沿って図表として表す手法の一つである。

単位期間を定め、単位期間中に
・初めに付いた値段を始値
・最後に付いた値段を終値
・最も高い値段を高値
・最も安い値段を安値
とし、この四種の値段(四本値)をローソクと呼ばれる一本の棒状の図形に作図し、時系列に沿って並べてグラフ(チャート化)としたものである。

-陽線と陰線-
始値より終値が高い場合は、陽線といい、白いローソクの形になる。
終値より始値が高い場合は、陰線といい、黒いローソクの形になる。

ローソク足

5分の動きを表したローソク足は5分足、15分なら15分足、1日の動きなら日足と様々な時間でチャート化する事が可能。


タグ: -