用語集 » F

 外国為替証拠金取引(FX)

外国為替証拠金取引(FX)とはFX(Foreign exchange)ともいう。

通貨ごとに定められた証拠金を証券会社等に預託しておこなう通貨の売買取引のことをいう。

売買の際は、証拠金にレバレッジをかけて取引できるため、FX取引で保有するポジションに有利に為替相場が変動すると、レバレッジ効果により大きく収益をあげることができる。

一方、不利に相場が変動すると大きく損失を被る可能性もある。

たとえば…
1ドル100円のとき1万ドルの買いを入れた場合、1ドル110円の円安になったときに売ると、
(110円-100円)×1万ドル=10万円の収益を得ることができる。

逆に1ドル90円の円高のときに売ると、
(90円-100円)×1万ドル=-10万円となり、10万円の損失になる。

このように、FX取引は元本の移動や交換は伴わず、一連の取引の売買損益だけを決済する差金取引となる。

またFX取引の決済期限は、通常の外国為替取引と異なり、反対売買により決済をしない限り、決済日が無期限にロールオーバーしていくという特徴がある。

決済日がロールオーバーした期間分だけスワップ(swap)が発生するので、日本国内より金利の高い国の通貨を買い建てる場合、スワップ(swap)分の収益も受け取ることができる。

このエントリのカテゴリ

タグ: FX