用語集 » さ行

 ストキャスティクス

ストキャスティクスとはアメリカのチャート分析家ジョージ・レーンによって考案された、オシレーター系の代表的なテクニカル指標のひとつ。

仕組みは過去何日間かにおける高値、安値に対して、当日終値がどのような位置にあるのかを数値化することによって、価格の推移傾向を判断しようとするもので、0%から100%の範囲で推移します。

過去何日間かの変動幅の中で、現在の相場がどの位置にあるかを判定することができるため、売られ過ぎ、買われ過ぎを数値化して判断することができ、逆張り指標として活用できます。

RSIと異なる点は、2本の線によって表示されるという点で、一般的には、安値圏における2本線のクロスを買いサイン、高値圏における2本線のクロスを売りサインとします。

またストキャスティクスには、動きの早いファーストストキャスティクスと、それを滑らかにした(動きの遅い)スローストキャスティクスがあります。

具体的には、ファーストストキャスティクスは%Kラインと%Dラインの2本の線、スローストキャスティクスは%DラインとsDラインの2本の線で表示され、買いサイン、売りサインの判断はそれぞれ以下のように行います。

<ファーストストキャスティクス>
・買いゾーン(30%以下)で、%Kが%Dを、下から上に突き抜けたら買いサイン
・売りゾーン(70%以上)で、%Kが%Dを、上から下に突き抜けたら売りサイン

<スローストキャスティクス>
・買いゾーン(30%以下)で、%DがsDを、下から上に突き抜けたら買いサイン
・売りゾーン(70%以上)で、%DがsDを、上から下に突き抜けたら売りサイン
 
ファーストストキャスティクスはかなり敏感なため、短期売買での活用に向いており、中長期的な取引ではスローストキャスティクスを用います。


タグ: オシレーター